Skip to content

相続登記を司法書士に依頼したほうが良い場合とは

日本社会は超高齢化社会といわれ、このことは2035年には団塊の世代の高齢化が進み、日本の総人口に占める割合が3文分の1となることからも明らかです。このように高齢者の人口が多くなっている影響で生じる問題の一つに、大量相続時代の到来が挙げられます。この問題は、現役世代が多く住んでいる都市部よりも、その親が多く住む地方の方がより早く起こるでしょう。従って、地方に高齢の親が住んでいる方は、近い将来、相続による名義変更をする必要があることを覚悟しておく必要があります。

しかも、2024年4月からは、相続登記の義務化もスタートします。この制度は相続開始後3年以内に正当な理由なく名義変更しなければ、10万円以下の過料に処すというものです。さらに制度開始前に生じている相続についても対象とされ、制度開始日の3年以内に登記をしなければ罰則の対象となってしまいますので、注意しましょう。従って、今後相続が生じたときも、既に生じていた場合も早急に名義変更しなければなりません。

ところで、相続登記は司法書士に依頼する方法と、司法書士に依頼せず自分でやる方法の2種類がありますが、司法書士に相続登記を依頼するメリットは何でしょうか?一番のメリットは、必要書類の収集から登記申請まで全て行ってくれるところです。そのため自分でしなければならないことは印鑑証明書の準備と書類の押印で済みます。また異父母兄弟等の予期せぬ相続人が判明した場合、自分で戸籍を収集することは個人情報の壁にあい収集できませんが、司法書士に依頼している場合は、職権で取得してくれます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です